SHINCHAN BLOG

10.28

TUESDAY

ビターエンドにレッドライオンでおったまげ

image
imageimageimage


ニューヨークで20年近く活躍している日本人ドラマーのよっちゃんさんのお店にいき、その友人のふそうさんたちに音楽情報をたくさん教えてもらった!

こうゆう情報がほんとに心から嬉しい。。
よっちゃんさん、ふそうさん、ありがとうございます!!
優しいよ、ほんとに、おれもそうゆう人になりたいなあ。

てなわけで、昨日の夜の話。
昨夜は楽しすぎた。。
BITTER ENDでシンガーソングライターナイトから観に行き、そのあとのオープンマイクで2曲ほど歌った☆
つたない英語だけど、会場の人たちとたくさん話せたり、素晴らしいミュージシャンの人もいっぱいいた。
中でもDelmar. Brown 、キーボード 歌の方の音楽の弾け方がドツボで隠れて動画撮ってたw
強烈だった!
てか演奏の大枠みたいなもの、譜面とかあるかもしんないけど、それを抜けた先に素晴らしい人間力が音楽に出るね。
てか、譜面とか終わり始まりなんかそこまで重要やないんだなと感じた。
心のままに出した音は、言葉はなくともそれが次のコードやメロディーに勝手に引き寄せられていくし、
ありものからありものを作り出すんじゃなく、ありものからなきものを想像して、ピースみたいに繋げたり、その上に赤の絵の具を足したり、地盤が泥で崩れそうなら緑の厚い葉っぱを敷いてあげる。
音上空に寂しさがあるなら水色で塗ってあげ、そこに鳥を飛ばさせる。
音楽はまるで絵だね。
絵を描くように頭の中、カラダがいきたいとこにいく。
それが譜面と同じ役割で、さらにプラス想像性やパッションが加わる、みんなの顔も生き生きする☆


ビターエンドのサウンドをしているりょうじさんに、オープンマイク終わりに連れて行ってもらった。
ライブバー、RED LIONってとこ。

ここでさらなる衝撃が!笑
あー、もうおれの語彙じゃつたえれない。てか言葉は無意味。
だけどあえていうならばそれは生活だった。
音を出すことが生活だったなあ、
あ、RED LIONの話だよ?笑
りょうじさんに紹介してもらいお話した日本人ドラマーの菅野知明さん。お話したあと店内に入って、なんとライブ観れた、金払ってなかったけど、すんまへん、やった!w

ほんで、衝撃、ドカン。
リーダーのジェリー・ダガーさん(ベース、歌)、
もうほんとかっこよかった、やばかった。。
歌、すごい、ベース心地よい、楽曲かっこよし。
あとからyoutubeあさったが、あったけど、その素晴らしさは全然伝わらん。生じゃないとわかんないんだなって心底わかった。

あ、この記事みてるみなさん
僕も今回いちリスナーとしてすごく実感したしたけど、
youtubeや動画では1番重要で良い部分はなーーーんも伝わらないよ!
声も、音もね、違うんだ、
だって機械が撮った音だよ?
それをさらに機械越しで聴くんだよ?
それがほんとだと思う?

youtubeとかね、便利さってのはね、あぶないね。
音楽でも絵でもなんでもだけど、なにかに真剣な人や、極めようとか、勉強したいと考えている人は、生を、なんでも生をカラダに入れよう!!
生の自分のカラダに注がせよう!!


あ、またレポから脱線してもうた…

もういい!!
とにかく、ジェリーさんバンドまじやばかったし、同じ日本人の菅野さんのドラムも素晴らしかったし、キーボードの人なんかサックスも吹いてたけど、サックス激ヤバ魔人だったし、いっぱい!!

てなわけで、今日もまたビターエンドに来い!って言ってもらったんが、その前に行きたいとこあるから、そっちまずいく。
その前に、今からランドリーで洗濯して、そのあとサンライズマート行って日本食買ってきて。
もう食べ物、ほんと耐えれない。
おれの食生活、アメリカに全然馴染めないw
徐々にだな、太るな、おけ。



8 AUGUST

7 JULY

6 JUNE

5 MAY

4 APRIL

3 MARCH

2 FEBRUARY