SHINCHAN BLOG

5.07

WEDNESDAY

人種のるつぼ

新宿のあとは池袋へ。
いやーまあーいろんな人がいますね!
だから楽しいわけですね!

知り合いの知り合いに出くわしたり、外人さんに気に入られて動画とられたり、最初からかわれて歌ってみろよって言われておもいっきり歌ってなんか仲良くなって和んだり。
みんなゴールデンウィーク最終で飲んでるからいろいろ絡まれるんす。
あと、絡みやすいタイプなのかもしんないですが。

僕ももう路上始めて4年たちますからほとんどだいたいのことに、人に、あ、この人はこんな感じか、とか、この場合はこういったほーがいいかも、とか。
はたまた、このタイプの方はめんどくさいことになるな、このまま歌いつづけよう、とかです。

今日も僕の鼻はクンクン匂いを嗅いで人をみてました。

あるサラリーマンがやってきて、僕に急に演奏しているのにこうゆう風に歌ってみると良いよと話してきました。

うん、なるほど、ちょい試してみますね、で終わる話なんですが、はいっじゃあやってみよ!歌ってみて!
と。
え、、ってなり、いやいや、聴いてる方もいるじゃないですかと。
僕は練習しにここにきているのではないのです、と話してまた歌を再開しました。

その方はクラシックの歌唱を勉強らしていたのかはわからないですが、その話していた内容はちゃんと受け止めました。
だけどなぜいまここでそのトレーニングを実演しなくてはならないのか。
だから路上はおもしろいんですけどね♪
こんなことライブ中に言われないよね、まさか。だけど路上はほんとたくさんあるんよね。
そんときの対応とかも考えさせられるっす。

こーゆーことを言うと誤解されるけど、
歌や演奏に感動したりよかったと思う人、ちゃんと歌を聴いてるひとは投げ銭をくれます。
僕はこんなことも知っている、妙に褒めてそのあと自分のこと話しつづける人、
きみのここはダメだ!と言いたい人は投げ銭くれたことほぼないです。

新しい出会いは大歓迎なんだけどな。

たまに、どなりちらす人もいます。
周りが演奏を見てるのをわかって怒鳴るのです。
演奏は中断せざるをえなかったりします。聞いてる方はいなくなってしまいます。

きっとなにかを思って話してくれたことは嬉しいんですが。
なんだか悲しい気分になります。
しかも僕より2倍近い年上の男性が多いんです。
あんまりひどいときは、相手が話している最中でも演奏をつづけます。


路上はいろんな人がいます☆



僕はそんなときは目をつぶります

街は、風は、人の声は
その中に僕のキーボードは、声は、詩は、ユラユラ


路上はすこしたまに調子に乗っている自分を困らせてくれる、修行の場です。


そんなこんなで、こんな話もたまには楽しいでしょ?☆


写真は壊れたマイク、びよよんww

image

お腹減った♪
さっ!くうぞー!!!!




8 AUGUST

7 JULY

6 JUNE

5 MAY

4 APRIL

3 MARCH

2 FEBRUARY