SHINCHAN BLOG

6.20

FRIDAY

第二話【Lady】

image



第二話【Lady】

今日はLadyのお話をします。

Ladyができたのは5年くらい前でまだ上京前でした。

いわずとしれた今回のリード曲でありますが、今回のアルバムになるのに、かなり素晴らしいアレンジをしていただき、Ladyは生まれ変わりました。

そのアレンジをしていただいたのはサウンドプロデューサーのShingo.Sさんです。
Shingo.Sさんのアレンジが今回いろんなところで素晴らしいと話題になっていましたが、このデモが上がったときはほんっとに興奮しました。。
いや、ほんっとに。素晴らしい、素晴らしいの連呼、それしか言ってなかったすねぼくはw
Shingo.Sさんのミラクルすぎるアレンジにより、さらに僕のもつ良さを100倍増しにしてくださり、逆にすんごいプレッシャーになっております。www

そうして今回のリード曲ができたのですが、もともと作っていたのは5年くらい前でして、まだ宮城にいたときでした。

海沿いを車で走るのが本当に好きでして、そこに当時好きだった方の姿を重ねてできた作品と覚えております。
しかしながら毎度僕の作品は現実よりもかなり飛躍して作品を書いてしまいますから、実際その恋は成就されませんでしたねw

何キロも続くまっすぐな荒浜とゆう宮城の海岸沿いを走りながら、夕焼けに照らされ、砂浜に座りながら夏の匂いをかいでいます。

草の匂い、塩の匂い、

遠くの水平線
キラキラした海が夕陽に照らされ光ってます

こうゆうときに、しっかり自分の気持ちを伝え、行動に変えれる男のことを世間ではイケメンだのやりチンだの言っておりますが、ひそかに憧れております。なんせ僕はいやはやそんな急に手を掴んで帰らないで!もう少しここにいてほしい、と言っては笑われるのではないか、と大変意気地がないへなちょこメンズでありますので、それゆえ、こうゆう素敵な作品が書けるのですよみなさん、、ってはい、ききながしてくださいねw


でもやっぱり8月に産まれた夏男ですからね、あたいは。
夏が迫るとよりいっそう体がブルブルします。

みんなの夏の想い出はありますか?


僕はあります。ここで言えないことも、忘れられない思い出も。
まあ、忘れられない思い出のそのほとんどは失敗談、失恋談、飲み過ぎて恥ずかしい姿の写真が翌朝携帯に送られてきていて落ち込む談、などが大半なんすがね。w


今年の夏はどんな感じかな?
みんなワクワクしてますか?

僕はしてます。
今すでに夕方岩山からダイブする姿を思い描けます。

時間はかえってこないんでね。
今年の夏、ガッツリエンジョイしましょう!
恥ずかしい思い出もたくさん残しましょう!
その傍らにLadyが流れていて、
年月たち、忘れた頃にまたLadyを聴いたら、もうあなたの夏メモリー…一生忘れないものになるでしょう。

いつもそばに音楽を。



てなわけでLadyはこのへんで。
明日は【道標】をお話します☆

8 AUGUST

7 JULY

6 JUNE

5 MAY

4 APRIL

3 MARCH

2 FEBRUARY